イモビライザーキーとは何ですか?

あなたはイモビライザーキーを知っていますか?

イモビライザーキーは、キーと車体がIDコードで接続されているキーと、IDコードが一致しないと車を動かすことができないシステムです。

それは非常に便利なキーですが、紛失した場合は車を開けない、または失敗した場合にキーを使用できないなどのトラブルを引き起こす可能性があるため、安全に保つことも重要です。

このコラムでは、イモビライザーキーの特徴とメリットについて詳しく説明します。

参考にしてみてください。

最初にイモビライザーキーとは何ですか?

イモビライザーキーのキーには車の盗難防止システムが装備されており、エンジンは専用キー以外で始動しません。

もちろん、登録されたIDコードとキーが一致しないと、ドアのキーを離すことができないので、非常に安全であり、車両盗難などの被害に強いと言われています。

従来の自動車のキーは、キーシリンダの内部とキー本体の「KEYAMA」と呼ばれるギザギザの部分とを合わせることによって、エンジンのロックを解除し始めることができる。

しかし、鍵穴の存在により、ピッキングの破損や鍵の複製などの不具合が増加していた。

イモビライザーキーのIDコードは高度な暗号化技術で作られているので、キーが切れてもエンジンを始動することはできません。

短期間でイモビライザーキーのIDを解読して一致させることは難しいと言われているので、多くの車が安全性の鍵となっています。

イモビライザーキーのメリットとデメリット

イモビライザーキーは、高度なセキュリティーセキュリティの鍵としてますます使用されています。

このような人気のイモビライザーキーの利点と欠点は何ですか?

【値する】

・IDコードが一致しないとエンジンが始動できないため、ドアが開けたり、窓ガラスが破損して侵入しても、車を動かすことはできません。

・手で荷物を持っていても、ひとつのボタンで簡単に鍵を開けることができます。

・他のキーと比較すると、キーを複製するのが難しいので、キーを複製する心配はありません。

【デメリット】

・キーを紛失した場合は、キーと車体のIDコードを合わせる必要がありますので、キー交換に時間がかかります。

・精密機械なので水やショックに弱く、故障することがあります。

イモビライザーキーのトラブル修正措置

イモビライザーキーは安全性の高いキーとして使用されますが、精密機械であるため、水没や衝撃で破損したり破損する恐れがありますので、注意して取り扱ってください。

特に、雨の日に不注意に落ちたり、海やプールなどのレジャー施設でポケットに入るケースが多い。

また、イモビライザーキーには次のような問題があります。

ロックイン時

ロックでは、車のキーを車に置き、ロックします。

自宅や会社でロックすると、スペアキーがあれば問題なくロック解除できます。

ただし、スペアキー、出張先、旅行先などがない場合は、ローディングサービスまたはキー機関に問い合わせる必要があります。

キーを開くためのリクエストのコストは業者とキーのタイプによって異なりますので、一度チェックしてください。

紛失したとき

イモビライザーキーだけでなく、キーを紛失した場合は、まず落ち着いて近くの場所から探してください。

あなたの行動を振り返って、最後にあなたが車に乗ったとき、あなたが当時着ていた服のポケットやバッグを探してみましょう。

また、食べた店や落ちた場所に置いたことを忘れたかどうかを確認することを忘れないでください。

特にあなたが店なら、店員に連絡して尋ねるときにそれを見つけることができます。

それでも見つからない場合は、紛失した報告書を警察に提出しましょう。

鍵が見つかるとすぐに連絡いたします。

さらに、誰かが鍵の紛失を拾って虐待される可能性があるので、可能な限り新しい鍵で置き換えることをお勧めします。

イモビライザーキーが作動しなくなったとき

イモビライザーキーが作動しない場合は、販売店に相談しましょう。

動かなくなったり、動作が悪くなったりすると、自分で修理することが難しく、強制的に鍵を開こうとすると車が破損する恐れがあります。

イモビライザーキーを作成するための費用と日数

イモビライザーキーのスペアキーを作るには2通りの方法があります。車を購入した正規ディーラーにロッカーをリクエストする方法と2つの方法があります。

生産コストと日数は、要求の場所と車両の種類によって異なります。

正規代理店に依頼されると、いろいろなタイプの車に対応することができますので、確実にすることができます。

ただし、数日から1週間の製造期間が必要なため、すぐに使用する予定がある場合はお勧めできません。

国内車と輸入車の生産コストは異なりますが、国内車は約32,000円、輸入車は約6万円です。

一方、主要代理店に依頼する際には、製造期間が最短で、同じ日に稼働する場所があるため、すぐに使用することができます。

警告として、車の種類によっては対応していないことがありますので、事前に確認できるかどうかを確認しましょう。

主要代理店からの依頼費用は、国内車と輸入車にも左右されますが、国内車は約10,000円、輸入車は約12,000円です。

まとめ

イモビライザーキーは高度なセキュリティのためのキーとして使用されますが、浸水やショックの影響を受けやすいため、キー管理に注意することが重要です。

鍵の複製を要求する場合は、事前に鍵が処理されているかどうかを確認することをお勧めします。

主要機関によって処理されない場所があることに注意してください。

また、鍵と複製の必要なコストと日数は、車と業者のタイプによって異なります。

正規ディーラーに依頼することで、鍵を複製することができますが、準備に数日かかるとすぐに時間がかかります。

予備の鍵がすぐに必要な場合は、錠前屋にお尋ねしてください。

緊急時には、イモビライザーキーを取り扱う主要業者を確認するのがよいでしょう。

関連記事

ページの先頭へ