すでに…鍵を紛失しない方法はありませんか?

入り口や車のキーを紛失した人が多いと思います。

あなたが鍵を紛失した場合、家に入ることも、車を動かすこともできません。本当に困っています。

キーを紛失しない方法はありませんか?

今度は、キーと便利なアイテムを保管するためのヒントとキーを紹介します。

鍵を失いたくない人は、試してみてください。

頻繁に鍵を失う人の特徴

私は、「誤ってキーを紛失した」という経験を持つ多くの人がいると思います。

それで、どのような人がしばしば鍵を失うのですか?

ここでは、しばしば鍵を失う人に共通する機能を紹介します。

【キーを紛失した人の特徴】

・キーの格納場所を決定していない

・クリーンルームクリーンアップ

・袋の内側が整理されていない

多くの場合、鍵を失うことが多い人はこのような特徴を持っているようです。

心があれば、今から紹介する鍵を失わない方法を参照してください。

鍵を紛失しないための方法と有用な商品

鍵を失わないようにするための重要なことは、鍵を保管する場所と安全な場所を決めることです。

キーを格納する場所を決めることで、損失の可能性はずっと低くなります。

キーをさまざまな場所に配置する場合は、キーを格納する場所を決定しましょう。

キーを紛失する心配がある場合は、紛失を防ぐのに役立つ商品を使用することをお勧めします。

キーを紛失しないようにいくつかの項目を紹介します。

▼MAMORIO S Mamorio S

通常のタグのようですが、Bluetooth通信機能を備えたIoTデバイスです。

Mamorioにキーを添付すると、キーが削除されたときに通知がスマートフォンに送信されます。

▼ウィスティキ(Wistiki)Wistikiは、通話機能を備えたスマートなアクセサリです。

スマートフォンから専用のアプリケーションで呼び出すことができます。

90dbの大きな音が鳴るので、家にいなくても簡単に見つけることができます。

▼ロス防止タグ電子ベル

転落による損失を防ぐために、鐘をつける人もいると思います。

この電子ベルは、加速度センサーを備えた鍵ホルダーで、落下を検知して鐘を鳴らします。

ファッショナブルなデザインもポイントです。

鍵を紛失した場合

キーを失わない方法を導入しましたが、どのような方法でキーを削除する方法があるかと思います。

そのような場合に対処する方法を示します。

▼遺失物の届出を警察に提出する

鍵を紛失したら、紛失した財産を知らせましょう。

あなたが紛失した通知を残した場合、誰かがそれをピックアップして警察に届けたら、あなたは連絡されます。

紛失した通知は、最寄りの警察で復活できるので、提出してください。

▼交換キー

鍵を紛失した人が鍵を拾うと、あなたが悪用される危険があります。

したがって、鍵を失った場合は、鍵を交換することをお勧めします。

また、キーを交換するときは、ディンプルキーなどの防犯性の高いキーを使用する方がよい。

これが鍵を失わないならば?

キーレスを保つ

迷子防止商品を紹介しましたが、より効果的な鍵を失わない方法として、エントランスのキーを「キーレス」にする方法があります。

キーレスは、バッグやポケットからキーを取り外さずにロック/ロック解除できるキーです。

ドアハンドルに付いているボタンを押して操作するのが一般的ですが、専用のスマートフォンアプリケーションから操作できるものもあります。

キーを一つずつ取り出さないので、失う心配はあまりないはずです。

鍵を紛失した人は、どうしてキーレスと交換するのを検討してみませんか?

キーレスを使用する際に注意すべき点があります。

キーレスは電子ロックの一種で、いわゆる機械です。

それが機械である限り、長年使用されているか、故障している可能性があります。

また、ほとんどのキーレスはバッテリーで動作するため、バッテリーがなくなるとボタンでロック/ロック解除できません。

定期的にバッテリを交換し、メンテナンスしてから安全に使用しましょう。

まとめ

今回は、キーや対策製品などを失わない方法を導入しました。

頻繁に鍵を失う多くの人々は、鍵をどこに置くべきかを決めていないことが多い。

また、部屋を清潔にしていない人や、バッグに入れられていない人には注意してください。

鍵を失わないようにするためには、鍵の保管場所を決定し、保管することを習得することが重要です。

万が一あなたの鍵を紛失した場合は、遺失物の報告を警察に提出しましょう。

また、他の人が拾って虐待を受ける危険性があるため、新しい鍵で交換することをお勧めします。

キーを交換するときは、高い防犯性を備えたキーレスと交換し、キーを紛失する心配を減らしてください。

キーを紛失しないように安心して人生を送ろう。

関連記事

ページの先頭へ